论著集萃

【简介】 本書は言説・権力・叙述の三つの部分から構成される。 第一部は三つの章からなる。第一章では、一八九三年にシカゴで開かれた世界宗教大会を取り上げる。これまでの先行研究と異なって、中国・日本からの代表の「宗教」叙述を通じて、一世紀以上前の人々の宗教に対する理解を探る。第二章は、一九世紀半ば以降「洋教」と呼ばれるキリスト教が中国に土着化していく歴史を取り上げる。そして、第三章では、民間宗教に対する抑圧を背景に、国民国家を「越境」し、日中両国を行き来して活動する紅卍字会と大本教について検討する。 第二部の四つの章では、档案資料に基づいて、北京政府期の軍閥政治と華北地域の土匪との関係(第四章)、「満州国」における宗教結社の位置づけ(第五章)、戦時中および戦後国民党の政治権力と哥老会などの結社との関係(第六章、第七章)、の四つの問題について考察する。 第三部の三つの章は、それぞれ異なる政治体制を背景とする結社に関わる事件を取り上げて、「テクストに抗した」分析を試みる。第八章は一九二九年に江蘇省北部の宿遷県で起きた小刀会による「暴動」に焦点を当てて、宿遷県国民党の地方政権が極楽庵の「廟産」を剥奪する出来事を分析し、小刀会「暴動」をめぐる歴史叙述の虚構性を指摘する。第九章は従来ほとんど知られていない一九三三年満洲青幇・在家裡代表団の日本訪問を取り上げ、「帝国知」と中国の現実との乖離の問題に光を当てる。最後に、第一〇章では、抗日戦争中の一九四三年に共産党支配下の山西省黎城県で起きた宗教結社離卦道による「暴動」事件を取り上げ、事件直後の報告書の分析を通じて「暴動」そのものの虚構性を指摘する。 【目录】 序論 中国という尺度/宗教という言説/方法としての結社/本書の構成 第Ⅰ部言説 第一章表象としての宗教――一八九三年シカゴ万国宗教大会と中国 宗教の饗宴/彭光誉の宗教観/翻訳された儒教と道教/宣教師の中国宗教観/日本の視点/religionから宗教へ 第二章「洋教」という他者――一九世紀後半におけるキリスト教と中国社会 「秩序」としてのキリスト教/「他者」との距離―宗教感情の齟齬/反転する他者―宗教組織の交錯 第三章地震の宗教学――紅卍字会と大本教との関係を手がかりとして 出会い/救援米/提携 第Ⅱ部権力 第四章土匪の政治学――档案史料に見る華北地域の土匪 土匪の生成/土匪の世界/防匪と剿匪/政治勢力と土匪/兵と匪の合流 第五章植民地の宗教結社――「満州国」と紅卍字会の関係を中心に 満洲における宗教結社/満洲における紅卍字会/大本教・紅卍字会と「満州国」/教化団体としての紅卍字会/宗教結社統合のジレンマ 第六章戦時下の哥老会――重慶国民政府の社会統合における哥老会 問題の所在/社会再編と哥老会の取締/国家の論理と結社の論理/公務員の入会禁止 第七章戦後の結社――南京国民政府の権力再建における幇会 上海の青洪幇と国民党政権/天津の青洪幇と国民党政権/幇会と政党政治/国民党政権による幇会の統合/進歩委員会と民衆山――閻錫山による幇会利用 第Ⅲ部叙述 第八章暴動なき暴動――一九二九年宿遷県小刀会事件の叙述をめぐって 問題の所在/青天白日旗の下で/表象された事件/県長の弁明/小刀会は匪賊であったのか/僧侶たちの訴求 第九章増上寺の香堂――一九三三年満洲在家裡代表団の日本訪問をめぐって 満洲より来たり/在家裡という結社/在家裡と在満日本人/在家裡訪日の結末/監視下の協力 第十章テクストのなかの虚構――一九四二年黎城離卦道事件を手がかりとして 問題の所在/革命と戦争/村民と「老爺」/表象としての事件 終章沈黙の被写体/結社の政治学/社会史と概念史 引用文献一覧/あとがき/索引

作者:孙江/刘建辉出版社:生活·读书·新知三联书店出版年:2013年4月

作者:孙江/陈力卫出版社:生活·读书·新知三联书店出版年:2014年12月

本书主要探讨了德国人对自己国家历史尤其是纳粹历史的记忆、情感、态度和认识,题名中的“记忆中的历史”是指真正存在于德国人记忆和普遍认识中的历史,即德国人如何面对历史,德国历史是如何被人们谈论、解读和描述的。

张凤阳、孙江主编,三联书店出版社,2017年出版。

《学衡名家讲演录·第一卷》 主编:孙江李里峰出版社:南京大学出版社 出版时间:2017年 目录 编序 史学之林 解释“中国”的困境—从近世历史看中国复旦大学葛兆光 反常识的历史叙事—重审中国历史的若干命题中国人民大学杨念群 西方马克思主义的历史学:一个全球的考察美国罗文大学王晴佳 德国汉学史的三个断层德国柏林自由大学罗梅君(MechthildLeutner) 概念之旅 19、20世纪之交的“新名词”和新国语日本关西大学沈国威 近代中国的“思想界”复旦大学章清 民族主义的再发现—抗战时期中国朝野对于“中华民族”的讨论台湾“中央研究院”黄克武 从“新名词”到“关键词”:以“次殖民地”为例的思考台湾“中央研究院”潘光哲 近代中国保守主义的困境:现代性之冷酷与遁入特殊性德国哥廷根大学施耐德(AxelSchneider) 记忆之场 活着的档案英国格拉斯哥大学安德鲁·霍斯金斯(AndrewHoskins) 记忆的力量:历史记忆与国家认同美国西东大学汪铮 个案之谜 时间开始了—陈独秀与中共早期革命北京大学王奇生 中国史上的无名外国战士—音吉,Lindley(呤唎),鹿地亘日本国际基督教大学菊池秀明 虚假宣传的真实效果—近代上海的医药广告揭秘复旦大学张仲民 当代研究 圣人与民众:论当代中国的民间儒家复兴法国巴黎第七大学毕游塞(SébastienBillioud) 初始条件与政治转型模式—兼论中国民主建设的前景日本早稻田大学唐亮 序 1922年1月,由国立东南大学(南京大学前身)吴宓、胡先骕、梅光迪、汤用彤、柳诒徵等人发起创办的《学衡》杂志正式刊行。至1933年7月停刊,共刊出79期,发表思想文化评论、学术研究论文、旧体诗词文赋千余篇。创刊号揭橥其旨趣曰:“论究学术,阐求真理,昌明国粹,融化新知。以中正之眼光,行批评之职事。无偏无党,不激不随。”时光荏苒,激扬的文字逐渐泛黄,大师的背影已然远去,但《学衡》杂志和学衡派早已成为南京大学百年校史上的“记忆之场”,其崇尚理性、反对极端、新旧交融、中西贯通之精神,也为南大学人奠定了值得珍视的学术传统。 进入21世纪,人文社会科学研究面临前所未有的挑战与契机。一曰全球化。不同国家、区域、语种之间交互碰撞,各种话语、方法、范式之争层出不穷,闭门造车的学术研究越来越不可能存在。二曰反本质。经历了“语言学转向”的洗礼,绝对真理、价值无涉已成镜花水月,真实与虚构、延续与断裂、同质与差异共生共在,本质主义渐为表象主义所取代。三曰跨学科。分门别类的现代学科建制不再壁垒森严,问题导向、视界交融、理论借鉴、方法多元日益成为学术生长的催化剂。如何迎接挑战,把握契机,今日学者当深思之。2014年12月24日,南京大学学衡跨学科研究中心揭牌仪式在圣达楼报告厅隆重举行。未几,更名为南京大学学衡研究院。以学衡名之,既为彰显学术脉络,承继先贤遗风,也须预流学术前沿,树立时代风范,故倡言全球视野、本土实践的“全球本土化”(glocalization)研究。此与学衡传统,实一脉相承。“学”者,以学术为职志,论究学术、阐求真理也;“衡”者,衡平古今中西,无偏无党、不激不随也。一代人有一代人之学术,然论究学术、理性衡平之精神,迨有超越时空之价值存焉。西哲斯宾诺莎(BaruchdeSpinoza)曾言:不要哭,不要笑,而要去理解。较诸学衡诸君所言,庶几近之。 以此而论,学衡者,非惟南大之学衡,亦为中国之学衡、世界之学衡也。学衡研究院成立之初,即筹设学衡名家讲坛,广邀学界同仁前来讲演交流。昔日学衡前贤,皆为学贯中西、博古通今之大师,虽不能至,心向往之。循此传统,学衡名家讲坛不论中西、新旧,不拘流派、风格,唯以学术性、思想性、前沿性为据,所邀者多为中外学界的大师名流,也有崭露头角的青年才俊。谈笑有鸿儒,往来无白丁,或清茶一杯,或把酒言欢,有论道之愉悦,无俗世之喧嚣,岂不快哉!秉承学术为天下之公器的理念,学衡研究院拟将历次讲演实录结集付梓,名曰《学衡名家讲演录》。此为第一卷,收录16位中外学者的精彩讲演及现场互动,按主题大致分为“史学之林”、“概念之旅”、“记忆之场”、“个案之谜”和“当代研究”五栏。讲演文字俱在,无须赘言,仅略述其渊源如上,望读者鉴之。是为序。